PocketAir

格安航空券と普通の航空券の違い

一昔前まで飛行機での旅行は非常に贅沢なことでした。バスや新幹線に比べて値段が高いからです。そのような中で近年は格安航空社の新規参入による価格破壊で格安航空券が登場しました。既存の航空会社はそれに対抗して、時間帯を限定して格安にしたり、数ヶ月前から予約をすることによる割引を実施する等していますが、それでも格安航空会社が提供する格安航空券には値段の面では及びません。
では普通航空券と格安航空券の違いとはどこにあるのでしょう。普通航空券にある機内サービスが簡素化されていたり、座席間の幅が多少狭くなっていたりします。しかし海外旅行のような長時間のフライトならデメリットですが、国内のフライトなら長くても3時間程ですから座席に座って一眠りしていたら目的地に到着します。ですからあくまでも移動手段として利用するのであれば、コストパフォーマンスは普通航空券とは比べ物にならない程高いです。移動時間も値段もどの輸送機関より優れているのですから当然です。しかし、普通航空券にもメリットはあります。それは他の交通機関のどれよりも充実したサービスや高級感を得るのはやはり格安ではなく普通航空券です。
どちらを選ぶかは好みですが、自分の財布と相談して決めましょう。